地元の木で建てる

何十年も地元の気候で育ち、その土地の気温、湿度、天候をどの木よりもよく 知っているからです。 木は乾燥させ建材となってからも呼吸をし、生き続けています。
その地の気候のサイクルで伸縮し、木の狂いが少なく、空気が乾燥すると自分の持つ水分を放出し、湿度が高くなれば水分を吸収し蓄えるので、家を長持ちさせるとともに、いつでも居心地良く快適に過ごすことができるのです。

良質な素材でつくる

「木でつくった家」と言っても、合板や強制乾燥させた木材から天然乾燥させた木を使った家までさまざまです。
気密性のある室内に接着剤を多用している合板や集成材を使うと、わざわざ化学物質を室内に持ち込んだビニール袋の中で暮らしているようなもの。
家は人生の大半を過ごす場所ですから、体に負荷をかけるのではなく、体にプラスに働く良質な素材を使って良質な室内環境をつくることが大事です。

必要最小限の家

広くて大きな家より、小さな家を建てる方が難しい。
最小限、何が必要なのかをよく考えなければならないからです。
でも実際、暮らし始めると、とても良い事がいっぱいなのです。

生きた木&良質な素材の
コンパクトな家

呼吸する木でつくるホンモノの健康住宅は、あなたの暮らしの環境を整えてくれます。
また、一般的な合板や集成材など揮発性物質を含む材料を使った広めの家を建てるより、面積を必要最小限の広さにすることで、その予算を良質な素材に使うことができます。

家の内覧を申し込む

「欠点と思われてること」が、実はメリット。

家づくりにおいて、一般的にデメリットと思われている次のようなことですが、実は大きなメリットがあるのです。

収縮・膨張する

無垢の木は小さな細胞の集合体なので、その細胞に空気中の水分がくっついたり離れたりして収縮・膨張が起こります。
これは、室内温度を一定に調節する能力が発揮されている証拠です。

キズがつきやすい

無垢の木は繊維の間に空気を多く含んでいるため、比較的やわらかくキズがつきやすいと言えます。
しかし、衝撃を吸収するので、お子さまが転んでもダメージが少なく、肌触りも柔らくて心地よく暮らすことができます。

板の色合いが一枚一枚ちがう

天然の木材は規格品などのように色や模様が一定ではありません。天然木なので節や木目が入っています。
しかし、年月が経つにつれ味がでて色味も変わってきますし、節や木目は住む人を飽きさせず、穏やかな安らぎをも与えてくれると考えています。

完成見学会
ルームツアー(内覧)のお申込みフォーム

内覧はご自由に参加できますが、以下のフォームよりお申込みいただいた方(グループ様)は優先的に案内をさせていただきますので、是非、お申込みのうえご参加くださいますよう、よろしくお願い申し上げます。