家づくりは環境づくり

住宅は、いつも落ち着く場であり、家族が仲良く集い、明日への活力を与えてくれる、暮らす人にとってプラスになる場所でなくてはいけません。

材料だけ見ても、現在の主流となっている、構造材から壁・天井に至るまで揮発性のある接着剤で貼り合わせた合板や集成材を闇雲に使っています。このような家が、すべての人に合っておらず、健康のことを考えると、なるべく避けるべきです。

カラダに影響があるものを、わざわざ室内に持ち込むばかりか、高い気密性を持たせている家が多いため有害物質が室内に溜まりやすくなります。家族のために良かれと思ってやったことが、結果的に住む人の心身にダメージを与え、不健康への道へといざなってしまう可能性もあるのです。健康を害すると医療費がかかるばかりか、家庭の環境までもが悪化してきます。

こうならないためにも、家をつくる時は、様々な制限はあるものの業者に委ね過ぎず、焦らず主体的に家という環境づくりに取り組んでいくことが重要です。

人生で最も大きな買い物である家を一時的かつ一方的な嗜好や感情でつくったところで、良い家ができることはありません。

大きな買い物であるからこそ、関係者で色んな意見や知恵を出し合い、頭の中を整理しつつ納得しながら、良い家に向かって一歩一歩進んでいく必要があります。

家はトレンドではありませんし、オシャレでもありません。住む人にとって、日々心地よく、心身が休まる場であり、家族がいつまでも仲良く暮らせる場であることが一番大事です。そのためには、どのような環境を意図的に仕組んでいくのかを事前にしっかり考えることが家づくりのあるべき姿になるべきだと思うのです。

家づくりは任せるものではない。

住む人に合った家をつくるには、画一的な間取りや動線などを採用したり、材料を使うのではなく、暮らしの中で家をどんな存在にしたいのか、建てようとする家の中でどのような家庭を築いていきたいのか、将来どのように暮らしていきたいのかなど、様々なことを確認して進めていかなくてはいけません。

なので、多少の時間と労力がかかります。生涯のなかで最大級の買い物であり、これからの人生を左右する家をつくるのですから、時間や考えることを面倒くさがってハウスメーカーなどに任せっきりにすることはとても大きなリスクです。

ランチの場所や結婚式のプランなどは一生懸命に考えるのに家づくりとなると、「よくわからない」と言ってプロと呼ばれる建築士やメーカーに丸投げになってしまう。これでは、業者のいいなりですし、自分や家族に本当に合った家ができません。多少の時間と労力を使って、関係者が一緒に知恵を出し合ってつくっていくことが良い家をつくる一番の近道だと考えています。

住宅展示場などに慌てて行く前に、一旦立ち止まって「自分や家族のための家」とは何か?を考えてみてはいかがでしょうか。

家づくりについて
相談してみる

つぎのような方はご相談ください

✔いつまでも健康でイキイキ暮らしたい
✔化学物質やニオイに敏感な人がいる
✔業者まかせにしたくない
✔周辺の自然環境を考慮して家を建てたい
✔必要最小限の広さでいい

以下の項目にご入力のうえ送信ボタンを押して下さい。 追ってこちらからご連絡いたします。