IMG_6903

農歩屋の家

コンセプト・特徴

家づくりで
まず、考えるべきこと

 住宅は、いつも落ち着く場であり、家族が仲良く集い、明日への活力を与えてくれる、暮らす人にとってプラスになる場所でなくてはいけません。
材料だけ見ても、構造材から壁・天井に至るまで揮発性の接着剤で貼り合わせた合板や集成材が闇雲に使われている現場がほとんどです。
では、このような化学物質多用の家ですが、これから夢のマイホームを建てたいと思っている人すべてに対して何も問題なく使って大丈夫なのでしょうか?

その答えは「NO」です。実際、私たちだけでなく、お客様の知人にも建てたばかりの賃貸住宅やマイホームに住み始めた直後からめまいや発熱、倦怠感などで何もできなくなっている方も増えてきているようです。
これは、建材や資材のほか、施工中に使われる接着剤などの有害な化学成分が揮発し室内に漂っていることが主な原因だと感あげられます。新築の家でも全く問題ないと思っている人にとっても、有害成分を必ず吸い込んでいますので、ただ今のところ症状が顕在化していないだけで、いずれ何かが起こる可能性はないとは言えません。
よって、健康のことを考えると、これらの物質はなるべく避けるべきなのです。

一般的な建材や資材を使って家を建てたり、合板や木くずを固めた板で造られた家具を選んで購入するということは、わざわざ自ら有害なものを室内に持ち込んでいることになります。
さらに、最近は気密性が高い家が多くなっているため有害物質が外に逃げることなく室内に留まりやすくなっています。
  家族のために良かれと思ってやっていることが、結果的に住む人の心身にダメージを与え、不健康への道へといざなってしまう危険性もあることを知っておく必要があります。
健康を害してしまうと、医療費が嵩むばかりか、家庭環境までもが悪化していく可能性があります。
よって、こうならないためにも、家をつくる時は、予算などの様々な制限はあるものの、広報宣伝だけを信じず、業者へ任せっきりにせず、そして焦らず、家という環境づくりに主体的に取り組んでいくことが重要です。
せっかく大きなお金をかけるのですから、家を買うことを目的とせず、末永く健康に過ごすことをよく考えていただきたいと思います.

家づくりは、
健康な人生を送るための
”充電の場”をつくること

 デザインや見た目も大事ですが、家は、まず、あなたやご家族の日々の心身の疲れを癒し、暮らしに活力を与えてくれて、いつもみんなが安心して集える場所でなければいけません。
また、今のご自身や一緒に住まれるご家族等の健康状態にも目を向けてみてください。
日ごろから疲れやすかったり、何となく倦怠感を感じていたり、咳き込みが多かったり、節々が痛かったり、ひょっとするとその原因の一つは今お住いの家(部屋)の環境にあるのかもしれません。
 家づくりには「人生を一日でも健康で過ごせる環境」を意図的に仕組んでいく必要があります。
 心身の健康を得るには食べ物と同じくらい住環境も大事です。いや、私たちは食べ物以上に気を付けなくてはならないと考えています。
食料はいつでも取捨選択できますが、住まいは一度建てたら変更が難しいですし、デザインが素敵でも、その素材が心身の健康を脅かすもので出来ていれば、そもそも家を建てる意味がないからです。

自然乾燥の板材

 だから家づくりは、メーカーに任せきりにするのではなく、「健康な人生を送るための場所」にするという意識を持って、そこに住む予定の人達の心身の状態を一番よく知っているあなたを中心に進めることが重要なのです。
 

健康を考えた家づくり
開始前のポイント

家を建てることで
将来どうなりたいか、住人皆で
イメージを共有する
(将来像のイメージ)

ご自身やご家族の
状況・状態を確認する
(健康面を含む現状の確認)

どのような素材で家を
建てたいのかを整理し家づくりへ

Agent

Tomas Edinson

Quis nostrud exercitation ullamco laboris nisi ut aliquip ex ea commodo consequat. Duis aute irure dolor in reprehenderit in voluptate velit esse cillum dolore eu fugiat nulla pariatur. Quis nostrud exercitation ullamco laboris nisi ut aliquip ex ea commodo consequat. Duis aute irure dolor in reprehenderit in voluptate velit esse cillum dolore eu fugiat nulla pariatur.

Interested in a showing?

Lorem ipsum dolor sit amet conse ctetur adipisicing elit, sed do eiusmod tempo.

家づくりで、まず初めに考えてほしいこと

家族の健康にプラスになる家づくりを

 住宅は、いつも落ち着く場であり、家族が仲良く集い、明日への活力を与えてくれる、暮らす人にとってプラスになる場所でなくてはいけません。[br-xs]

材料だけ見ても、構造材から壁・天井に至るまで揮発性の接着剤で貼り合わせた合板や集成材が闇雲に使われている現場がほとんどです。では、このような化学物質多用の家ですが、これから夢のマイホームを建てたいと思っている人すべてに対して何も問題なく使って大丈夫なのでしょうか?[br-xs]

 その答えは「NO」です。実際、私たちだけでなく、お客様の知人にも建てたばかりの賃貸住宅やマイホームに住み始めた直後からめまいや発熱、倦怠感などで何もできなくなっている方も増えてきているようです。これは、建材や資材のほか、施工中に使われる接着剤などの有害な化学成分が揮発し室内に漂っていることが主な原因だと感あげられます。新築の家でも全く問題ないと思っている人にとっても、有害成分は吸い込んでいるので症状が出ていないだけで、体の中に取り込んでいることには間違いないのです。よって、健康のことを考えると、これらの物質はなるべく避けるべきです。[br-xs]

 一般的な建材や資材を使って家を建てたり、合板や木くずを固めた板で造られた家具を選んで購入するということは、わざわざ自ら有害なものを室内に持ち込んでいることになります。さらに、最近は気密性が高い家が多くなっているため有害物質が外に逃げることなく室内に留まりやすくなっています。[br-xs]

家族のために良かれと思ってやっていることが、結果的に住む人の心身にダメージを与え、不健康への道へといざなってしまう危険性もあることを知っておく必要があります。健康を害してしまうと、医療費がかかるばかりか、家庭環境までもが悪化していく可能性すらあります。[br-xs]

タイニーハウス新築

こうならないためにも、家をつくる時は、様々な制限はあるものの、広報宣伝を鵜吞みにせず、業者に委ね過ぎず、焦らず主体的に家という環境づくりに取り組んでいくことが重要です。[br-xs]

家づくりは、健康な人生を送るために”充電の場”をつくることである

 デザインや見た目も大事ですが、家は、まず、あなたやご家族の日々の心身の疲れを癒し、暮らしに活力を与えてくれて、いつもみんなが安心して集える場所でなければいけません。
そのためには、「人生を一日でも健康に過ごすことができる環境」を意図的に築いていく必要があります。
心身の健康を得るには食べ物と同じくらい住環境も大事です。いや、私たちは、食べ物以上に気を付けなくてはならないと思っています。
食料はいつでも取捨選択できますが、住まいは一度決めたら変更は難しいですし、どんなにデザインが素敵でも、家を建てる周辺の環境や使用する素材などが心身の健康を脅かすものであれば、そもそも家を建てる意味すらないからです。
だから家づくりは、完全にメーカー任せにするのではなく、「健康な人生を送るために、日々、住人をリフレッシュさせ、明日への活力を充電してくれる場」にするという意識を持って、そこに住む人のことを一番よく知っているあなたを中心に進めることが重要です。
とはいっても、何からはじめればいいのか、分からないですよね。
私たちが、「あなたが思い描く将来に向けた家づくり」の相談役となって、一緒にカタチにしていきます。
「呼吸する地元の木でつくる”ホンモノ”
の家」は、きっと健康的でイキイキとしたあなたの暮らしを実現する拠点(ベース)となることでしょう。


わたしたちが選ばれている[br-xs]3つの理由

REASON

01

生きている自然乾燥[br-xs]

の木を使用

一般的な家、そう今、あなたが検討しているハウスメーカーさん。たとえ天然の木であっても高温で機械(強制)乾燥させている木だと思います。[br-xs]でも、私たちの家づくりは、とても時間はかかるのですが、木を切った山でしばらく葉っぱがついた状態で乾燥させ、木を山から降ろして製材し、さらに役1年間の自然乾燥をさせたものを使っています。

ちなみに一般的な木材ですが、約100℃の高温で急速に乾燥させたもので伐採から最短で10日ほどで商品となっています。高温乾燥材は樹脂成分が抜け、黒ずんだり、黄色がかったりします。

その一方、私たちの木材は赤身が深く艶のある鮮やかな色合いになります。中心部が鮮やかなピンク色、周辺部も本来の明るい白さを維持しています。また、樹脂成分が残ることによってカビや害虫なども防いでくれるのです。

そして、木は室の湿度高いときは湿気を吸ってくれて、乾燥しているときは逆に水分を与えてくれますが、自然乾燥の木はよりその能力が高く、リラックス効果を与えてくれる有効な成分等も多く含んでいます。呼吸し室内環境を適切に調整し保ってくれるのです。

REASON

02

強い構造と断熱性

ここにはカラムのテキストを入れてください。ここにはカラムのテキストを入れてください。ここにはカラムのテキストを入れてください。

REASON

03

再構築ができる

ここにはカラムのテキストを入れてください。ここにはカラムのテキストを入れてください。ここにはカラムのテキストを入れてください。